Home > お知らせ > 刺青・タトゥーが入っているとMRIが受けれないというのはホント?

刺青・タトゥーが入っているとMRIが受けれないというのはホント?

病気の疑いがあるときなどに、体内の画像を撮影するために使うMRIという装置があります。

この装置は、磁場と電波を用いて内蔵などを撮影する装置なのですが、実はタトゥーや刺青が入っている場合、この装置を利用する際にリスクが生じます。

一部のタトゥーや刺青には、用いられているインクの中に金属成分が入っていて、MRIで撮影する時の磁場に反応し熱を発生させ、火傷する可能性があります。

そのため、基本的にタトゥーや刺青が入っている人にはMRIを断っている病院が多いそうです。

こういった事があるため、病気の可能性がありMRIを利用する前に、タトゥー除去を行う人も増えているようです。

温泉やプールに入れない・公の場で肌の露出が難しくなるなどのリスクを理解した上でタトゥーを入れている人は沢山いると思いますが、タトゥーを入れる際にこういった情報は教えてもらえない場合がほとんどです。

ですので、もし健康面で気になる事がある方は、こういったリスクがあることを覚えておいてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ページのトップへ